Minna Parikkaのデザイナーのミナ・パリカは、ロンドンでシューズデザインを学び、2005年にヘルシンキでブランドをスタート。個人もシューズマンで、シューレアリズム、プレイ、コンテンポラリーといった要素を形とカラーで決めし、独特のテイストをシューズデザインに落とし込んでいます。